QLコード

葉っぱを拾い、QRコードを読み込み閲覧くださっている皆様へ。

ご挨拶

こんにちは 科学芸術者としてアーティスト・デザイナーとして活動しております。田羅と申します。

この度は読みにくいQRコードにも負けず、読み込んでいただきありがとうございました。

 

この葉っぱは、日常の当たり前を疑う疑問と発見の入り口を作るための実験作品です。

一種の社会実験としてこの奇妙な活動に気づいてくださった方への招待状としてご挨拶申し上げます。

この奇妙で奇跡的な毎日に気づく好奇心を広げる活動に助力頂けますと幸いです。

木の目.jpg

取り組みの目指すところとしては、ta_raboの常識から発見を得る あたりまえを疑い、当たり前をなくす。

をブランドコンセプトに拡散させることで一人でも多くの人が問いを持ち、その問いを生き方や新らしい物作りに

つながる好奇心を持つきっかけとなることを目指しています。

少々雑学的なお話となりますが。

ブランドとは本来 牧場の所有者が自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別するための行為に由来していると言われています。

そんなブランドの由来に則る形でブランドを展開することで、地球全体に落ちている落ち葉にどんどん広げ、​好奇心を触発することができれば嬉しく思います。

焼印.jpg
印面.jpg
丸太.jpg
丸太2.jpg