top of page

「花山天文台特別公開・宇宙と文化の日」2022というイベントでの中で田中ゆりさんが監督を務める「太陽の序章 Prelude of the Sun」の公演を行い、舞台となるステージの空間演出を(企画・設計・制作)担当いたしました。

寸法 : W5700×D5700×H3500(mm)
素材 : 分光シート・スチールパイプ・ 水
技法 : パイプベンダー・スリット加工

​監督 : Yuri Tanaka
​制作 : Yoshifumi Tara
映像 : Shinnosuke
演者 : Midori Ide
​音楽 : Hajime Fukuda
写真 : カトショ(show kato)
後援 : 株式会社ワコム  一般社団法人コネクテッド・インク・ビレッジ

光が分かれ、風を受けきらきらと虹色に輝く。太陽の光と虹色を映しながらゆらめく水面は、わたしたちを映し、不思議な自然を描く鏡として機能します。

揺れる3.5mのシートのなかに見える大きな虹と、細かく輝く反射の光によって、光のもつ不可解な特性「波」であり「粒」であるという両方の性質を可視化し、その面白さを感じてもらえたら嬉しいです。

​分光シートという、光のスペクトルを分けることで虹色に輝く特殊なシートを短冊上にカットし、花びらを抽象化した形のステンレスパイプに取り付け制作しました。

KT6.jpg
KT7.jpg
KT3.jpg
KT2.jpg
KT5.jpg
KT1.jpg
bottom of page